宅建協会 水前寺支部 研修会

更新日: 2019年7月26日

こんにちは。

林田商事㈱のブログをご覧いただきありがとうございます。

昨日は、高校野球 熊本県大会の決勝戦が行われました。

炎天下のなか、高校球児の一生懸命な姿はいつ見ても感動しますね。

母校、九州学院は残念ながら熊本工業に負けてしまいました。

今年はノーシードから良く頑張ったと思います。来年に期待しております。

 

午後からは、宅建協会 水前寺支部主催の研修会に参加してきました。

テーマは、ざっくり言うと『民泊』と『相続』で、2人の講師の先生に福岡よりお越し頂きました。

前半は『民泊ビジネスの可能性』というテーマで、株式会社アルマデ 代表取締役 本田 幸一郎 氏にご講演頂きました。実際に福岡市内で民泊事業を手広くされているという事で、成功事例や失敗事例。売り上げや経費の収支まで詳しく教えて頂き、リアリティーがありとても参考になりました。

福岡では他の民泊やビジネスホテル等のライバルも多い為、他が参入しづらいエリア選びであったり、民泊をやめた場合でもきちんと出口戦略がとれる物件を選んだりといろんなポイントがあります。また、利用者の多くは外国人観光客が多いとの事で最初はトラブルも多かったようですが、トラブルを未然に防ぐ努力がされていました。

熊本では民泊はまだ少数ですが、今後増えていくかもしれません。条件に合うような物件があれば、選択肢の1つとして良いご提案をしていければと思いました。

 

後半は『準備で決まる相続対策』というテーマで、青山地建株式会社 田所 敬規 氏にご講演頂きました。相続についてのセミナーは私も何度となく受講させて頂いておりますが、非常にわかりやすい内容でした。

相続対策には大きく3つの原則があります。

①分割対策・・・いかにもめる事なく財産の分割をおこなうか。

②納税対策・・・納税方法、納税資金をどうするか。

③節税対策・・・いかに相続税を安くするか。

皆さん、相続対策と聞くと③節税対策を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

事実、相続対策のセミナーでは、節税対策の講演が一番多いように感じます。皆さん、感心が一番あるのは節税対策かもしれません。アパート建てて節税や保険を活用して節税等のセミナーはよく住宅メーカーさんや保険屋さんがよく開催されてますね。

人それぞれ考え方は違うかもしれませんが、相続対策には優先順位があると思います。もちろん、節税対策も重要かと思いますが、個人的には、まずは家族が相続争がおきないように分割対策をしっかりする必要があるかと思います。分割対策には法律と関係なく感情が優先される事が多々あるので難しいのでしょうね。

また、相続に関しては、法律改正もありますので、常に学び続ける必要がありますね。

オーナー様により良い提案が出来るように今後とも勉強し続けたいと思いました。

 

林田商事株式会社

林田 隆志